三原市公式note

瀬戸内に面したまち「広島県三原市」の公式noteです。三原の「ヒト」や「モノ」「コト」の魅力が伝わるような情報を発信していきます。

三原市公式note

瀬戸内に面したまち「広島県三原市」の公式noteです。三原の「ヒト」や「モノ」「コト」の魅力が伝わるような情報を発信していきます。

    マガジン

    • 三原市地域おこし協力隊

      三原で活動する地域おこし協力隊員の記事を紹介します。

    • 三原の盛り人

      地域を盛り上げている人や、祭りなどの伝統行事を守り続けている人たちの思いをママライター改め「まちびとライター」が取材しお伝えします。

    • 未来へつなぐ大切な祭

      コロナ禍で祭りの中止が相次ぎますが、祭りに込められた意義や思いは途切れることなく受け継いでいきたい! 市民ママライター2人が、市内の祭り関係者を直撃取材していきます。

    • みはらびと。

      「みはらびと。」とは、三原で生まれ育った人、一度は三原を離れたけれど再び戻ってきた人、縁あって三原に移り住んだ人、三原への熱い想いをもつ「まちのつくり手」です。 さまざまな分野で活躍する「みはらびと。」を、 「#ものづくり」「#食づくり」「#まちづくり」「#幸せづくり」 の4つのテーマに沿ってご紹介します。 ※ハッシュタグからカテゴリ別に記事をみることができます。

    • 満喫台湾×みはら

      台湾出身三原在住のイーファンさんから見た「広島県三原市」を紹介します。

    ウィジェット

    リンク

    記事一覧

    固定された記事

    note版【みはらびと。】始まります

    WHAT? MIHARA-BITO「みはらびと。」とは、 三原で生まれ育った人、一度は三原を離れたけれど再び戻ってきた人、 縁あって三原に移り住んだ人、 三原への熱い想いをもつ「…

    トイレ リノベーション 漆喰塗り、空中ポリカで二重窓

    古民家セルフリノベーションは、計画通り事を進めることは難しく、できるところから少しずつ進めています。 他の部屋のリノベーションが中途半端なまま色々やっています。 …

    Vol3 久井町吉田のペットボトルイルミネーション「冬ホタル」

    今年の全体のテーマは “新しいスタート ”です。コロナ禍で 2020、2021年は縮小して行ってきましたが、今年は各地でイベントが開催されるようになったこともあり、新しい…

    笠岡市『海の校舎』で地域おこし協力隊合同研修会に参加しました。

    瀬戸内の穏やかな海がみえる廃校になった木造校舎『シェアアトリエ海の校舎』にて、備後圏域地域おこし協力隊合同研修会に参加しました。 海の校舎とても素敵でした! 今回…

    東京の大学院生と風呂蓋づくり&『まぁのうと、』運用開始。

    縁あって、東京在住の大学院生に八幡町古民家での作業をお手伝いしてもらいました。 この方は、建築、まちづくりを学んでおり、ここの活動に興味を持っていただきまして、…

    堤防アートと野外上映会①

    11/19、島の小学校との連携して堤防アートと野外上映会を行いました。 堤防アートは下塗から準備し、 当日に子どもたちに色づけをしてもらいました。 子どもたちの案を…

    堤防アート in佐木島

    鷺浦小学校の子供たちが堤防アートを描きました。

    〜生ゴミ堆肥の経過報告〜

    初めての生ゴミ堆肥づくりで、慎重に様子を見ながら行っています。 結論、 始めは、失敗かと焦りましたが、今のところ順調に温度が上がり発酵熟成中です!  程よい湿り気…

    堤防アートの下書き

    小学校の児童たちと描く堤防アートの下書きを行いました。 まずは堤防を高圧洗浄機で洗浄を島民のご協力でしていただきました。 堤防ってこんなに汚れていたんですね。こ…

    御調八幡宮の紅葉🍁

    おはようございます! そろそろ御調八幡宮の紅葉が色づきはじめました〜 密かにわんこの散歩コースとしても人気なようです🐾 是非お越しください~🍁

    固定された記事

    note版【みはらびと。】始まります

    WHAT? MIHARA-BITO「みはらびと。」とは、 三原で生まれ育った人、一度は三原を離れたけれど再び戻ってきた人、 縁あって三原に移り住んだ人、 三原への熱い想いをもつ「まちのつくり手」です。 『みはらびと。』では、さまざまな分野で活躍する「みはらびと。」を、 「ものづくり」「食づくり」「まちづくり」「幸せづくり」の4つのテーマに沿ってご紹介します。 “みはら”に住む人の想い、 “みはら”のまちへの想い、 “みはら”でつくるこだわりのモノや食への想い、 “み

    トイレ リノベーション 漆喰塗り、空中ポリカで二重窓

    古民家セルフリノベーションは、計画通り事を進めることは難しく、できるところから少しずつ進めています。 他の部屋のリノベーションが中途半端なまま色々やっています。 さて、本題のトイレリノベーションですが、 元々、壁は全部青色で、 上半分はザラザラした謎の壁(砂壁ではない) 下半分はタイル でした。 漆喰の材料は瀬戸漆喰で、竹が入ったものです。 さらに、ひっつく力を強めるため、消石灰を混ぜました。 ザラザラした壁に直接漆喰を塗ってきちんとひっつくのか?不安でしたが、ええ感じ

    Vol3 久井町吉田のペットボトルイルミネーション「冬ホタル」

    今年の全体のテーマは “新しいスタート ”です。コロナ禍で 2020、2021年は縮小して行ってきましたが、今年は各地でイベントが開催されるようになったこともあり、新しい気持ちでスタートさせたいという思いと、プロ野球のカープが新井監督を迎えたことも兼ねて、決めたそうです。久しぶりの制限なしの「冬ホタル」はどんな幻想を見せてくれるのでしょうか。 始まりはゴミの活用 2000年、リサイクルステーションに集まったゴミの分別作業をしながら、きれいなペットボトルを何かに利用できない

    笠岡市『海の校舎』で地域おこし協力隊合同研修会に参加しました。

    瀬戸内の穏やかな海がみえる廃校になった木造校舎『シェアアトリエ海の校舎』にて、備後圏域地域おこし協力隊合同研修会に参加しました。 海の校舎とても素敵でした! 今回の研修会では、他地域の協力隊の取り組みを知れたり、 会場を実際訪れて、木造建築の魅力を再確認しました。 木っていいな〜

    東京の大学院生と風呂蓋づくり&『まぁのうと、』運用開始。

    縁あって、東京在住の大学院生に八幡町古民家での作業をお手伝いしてもらいました。 この方は、建築、まちづくりを学んでおり、ここの活動に興味を持っていただきまして、今回は風呂フタづくりを一緒にしました。 そして、『まぁのうと、』(真野と)一緒に作業をしていただいた方に、作業内容や感想など自由に書いてもらう 『まぁのうと、』を運用開始しました。 目的は、ご協力いただいた方を視覚化して、この場所に訪れた人に、愛着をもってもらったり、何よりも自分自身が感謝を忘れない様に。 記載者に

    堤防アートと野外上映会①

    11/19、島の小学校との連携して堤防アートと野外上映会を行いました。 堤防アートは下塗から準備し、 当日に子どもたちに色づけをしてもらいました。 子どもたちの案を汲み取って、島の絵本作家であるちはるさんにデザインしてもらった絵は 佐木島の豊かさを表していて、ちはるさんらしい、心あたたまる絵となりました。  下塗り中は通り過ぎる住人方に怪しげな眼で見られながら、ゆっくり通り過ぎる車が絶えませんでしたが(笑) 下書きが仕上がるに連れて、話しかけてくれる人が増え、イベ

    +3

    竹明かりプロジェクト

    サラダセット販売開始

    再生

    堤防アート in佐木島

    鷺浦小学校の子供たちが堤防アートを描きました。

    〜生ゴミ堆肥の経過報告〜

    初めての生ゴミ堆肥づくりで、慎重に様子を見ながら行っています。 結論、 始めは、失敗かと焦りましたが、今のところ順調に温度が上がり発酵熟成中です!  程よい湿り気もあり、えぇ感じだと思います。 というのも、 米ぬかをいれて二日後に様子を見ると、 気持ちが悪い虫さん🐛が大量に発生していましたが、 そのまた二日後に見ると、それらがいなくなっていました。 おそらく温度がきっちり上がって、死滅したものと思われます。 この生ゴミ堆肥は、来春に自身の畑に活用していきます🍅🍆

    堤防アートの下書き

    小学校の児童たちと描く堤防アートの下書きを行いました。 まずは堤防を高圧洗浄機で洗浄を島民のご協力でしていただきました。 堤防ってこんなに汚れていたんですね。この色の違いにびっくりでした。 その後、白のペンキで下塗りし 翌々日、下書きを行いました。 どんどん全貌が見えてきてわくわく! 通りがかる人たちも初めはみんな、怪しんだ眼をされていましたが、、 だんだん絵がでてくると 話しかけてくれるようになりました。 完成した時のリアクションがさらに楽しみです。 その間

    アグロフォレストリー

    御調八幡宮の紅葉🍁

    おはようございます! そろそろ御調八幡宮の紅葉が色づきはじめました〜 密かにわんこの散歩コースとしても人気なようです🐾 是非お越しください~🍁