三原市公式note

瀬戸内に面したまち「広島県三原市」の公式noteです。三原の「ヒト」や「モノ」「コト」の魅力が伝わるような情報を発信していきます。

三原市公式note

瀬戸内に面したまち「広島県三原市」の公式noteです。三原の「ヒト」や「モノ」「コト」の魅力が伝わるような情報を発信していきます。

    マガジン

    • 三原市地域おこし協力隊

      三原で活動する地域おこし協力隊員の記事を紹介します。

    • 三原の盛り人

      地域を盛り上げている人や、祭りなどの伝統行事を守り続けている人たちの思いをママライター改め「まちびとライター」が取材しお伝えします。

    • 未来へつなぐ大切な祭

      コロナ禍で祭りの中止が相次ぎますが、祭りに込められた意義や思いは途切れることなく受け継いでいきたい! 市民ママライター2人が、市内の祭り関係者を直撃取材していきます。

    • みはらびと。

      「みはらびと。」とは、三原で生まれ育った人、一度は三原を離れたけれど再び戻ってきた人、縁あって三原に移り住んだ人、三原への熱い想いをもつ「まちのつくり手」です。 さまざまな分野で活躍する「みはらびと。」を、 「#ものづくり」「#食づくり」「#まちづくり」「#幸せづくり」 の4つのテーマに沿ってご紹介します。 ※ハッシュタグからカテゴリ別に記事をみることができます。

    • 満喫台湾×みはら

      台湾出身三原在住のイーファンさんから見た「広島県三原市」を紹介します。

    ウィジェット

    リンク

    • 三原JKの浪漫【高校生と作る 三原PR動画制作プ…
    • 2年3組 やっさだるマンくん【高校生と作る 三原…
    • ご当地キャラが絶対映り込む!?ニュース プラスア…

    最近の記事

    • 固定された記事

    note版【みはらびと。】始まります

    WHAT? MIHARA-BITO「みはらびと。」とは、 三原で生まれ育った人、一度は三原を離れたけれど再び戻ってきた人、 縁あって三原に移り住んだ人、 三原への熱い想いをもつ「まちのつくり手」です。 『みはらびと。』では、さまざまな分野で活躍する「みはらびと。」を、 「ものづくり」「食づくり」「まちづくり」「幸せづくり」の4つのテーマに沿ってご紹介します。 “みはら”に住む人の想い、 “みはら”のまちへの想い、 “みはら”でつくるこだわりのモノや食への想い、 “み

    • 広島県の空き家バンクポータルサイト『みんと。』に移住者代表として掲載していただきました。

      これを機に、広島県や、三原市への移住者が増えると嬉しいです。

    • 山羊小屋を整える!! まずは、屋根の塗装

      元々敷地内にあった小屋。 壁のトタンの傷みはありますが、中々しっかりしているので、手直しして山羊小屋にすることに🐐 まずは屋根の塗装をします。 錆の上から塗れる塗料を使いました。 もう一度塗って2度塗りにしようと思います。

    • 増設(DIY奮闘中)

      適当な設計図でとりあえずトイレの壁をつくろうとしています。 ついこの間、助け人が✨ お互い早くパンと土いじりたいね、ふふふ。と言いながら壁つくってました。 今日はできた壁の骨を組み立ててみようと。 なんとか1人でできるもんだなぁ。 歯が割れたり、風邪ひいたりで踏んだり蹴ったりでしたが 今日は達成感のある感じでした。🌼 ただ、思っていたよりかなり高くなってしまった。

    マガジン

    マガジンをすべて見る すべて見る
    • 三原市地域おこし協力隊
      三原市公式note
    • 三原の盛り人
      三原市公式note
    • 未来へつなぐ大切な祭
      三原市公式note
    • みはらびと。
      三原市公式note
    • 満喫台湾×みはら
      三原市公式note

    記事

    記事をすべて見る すべて見る
    • シシざんまい!!!

      今月は過去最高に猪肉を食べました。 イノシシざんまい! 先月から罠でよく獲れたし 猟友会の方々に山への猟に同行させていただいて そこで捕まえた分のお肉も分けていただいたりして 大量のお肉が入手できました。 質の良いお肉はご近所さんに お渡ししましたが イマイチな部位は どうやって、美味しく調理しようかと ネットで検索しながら考えます。 最近、それも楽しくて(笑) お肉をお裾分けした方々から こんな風に調理したら より美味しく食べれるよって教えていただけるので それもとっ

      Vol5 佛通寺里山和蜜倶楽部

       三原市高坂町で日本ミツバチを飼い、蜂蜜を採取したり、蜜蝋でろうそくやクリームを作っている団体「和蜜倶楽部」を取材しました。 「日本ミツバチと西洋ミツバチがいるんですね?」「ミツバチって冬を越すんですか?」「分蜂 (ぶんぽう )って何ですか」そんな素人丸出しの質問だらけだった私ですが、取材が終わる頃には、すっかりイベントに参加してみたいと言う気持ちになっていました。 倶楽部の活動 「和蜜倶楽部」は 2023年に創立 6年を迎えます。メンバーは 17名で (2022年12月時

    • 時には昔の話を

      極寒ですね。滝口です。 現在空き家を改修してゲストハウスにしようとしている場所は自宅の隣地区なのですが 先日、初めてそこの「とんど」に参加してきました。 するとそこには同年代の方たちもちらほらおり、お酒を飲みながら色々話し、そして後日も近所のお店で飲みながらカラオケしながら楽しみました。 僕がここへ来た時は緊急事態真っ只中だったのもあり、人との交流や遊びがかなり制限されていたので、近所にお酒を飲みながらワイワイやれる人たちと段々と出会えてきて楽しいです。 ここ最近、

    • 鳥骨鶏(うこっけい)が仲間入り!

      1月18日にあひる小屋に新しく仲間が加わりました。 鳥骨鶏のオス2羽、メス3羽です。 どうして、鳥骨鶏を入れたの? って多く質問されました。 理由はアヒルの卵を孵化してもらうためです。 鳥骨鶏はおとなしい性格で 母性が強く他の鳥の卵まで温めてくれて ヒナの育成までやってくれます。 悲しいことにアヒルさんたちは 卵を産んでも放置です。 合鴨さんたちが温めてくれるかと思いきや こいつらも放置プレイ。 これはイカンと思い対策を練りました。 それが烏骨鶏の代理母作戦です! 嬉

    • 〜小屋に長年生えていたツルや草木の撤去〜八幡町の皆様ご協力ありがとうございます!

      推測20〜30年は放置されたであろう小屋。 壁をつたい、屋根上までびっしりと蔓性の植物が占領していました。 このまま放置しているのも危ないし、中の柱はしっかりしているので、まだ使えそう。(山羊小屋にしたい) ということで、 八幡町の皆様のご協力のもと、それらを撤去しました!  本日は寒空にも関わらず6名ほどお集まりいただきました。 土だらけ、危険作業でしたが、皆様のご協力のおかげで綺麗になりました!

    • 月刊 ばなな press(2023年1月)

      投稿を怠ってしまってて ゴメンなさい。 年明けのバナナ状況をお伝えします。 現状は上記写真の通りです。 もともと、ビニールハウスで生育しており 先月初めにビニール袋を被せておりましたが 毎日のように強風が吹き ビニールハウスのビニールの大半が 剥がれてしまってしまってます。 ビニール袋も何度も飛んでいってしまい 枯れたようになってしまいました。 枯れてしまったのかと思いきや 芯や根本は未だ固く枯れていない様子。 とにかく根本に堆肥と籾殻を被せてみました。 プチプチシート

    • 正月から大忙し!

      明けましておめでとうございます。 本年も宜しくお願い致します。 投稿を怠っておりまして 申し訳ございません。 この年末年始は大忙しでした。 12月半ばから 毎週、イノシシとシカがそれぞれ捕獲されるので その駆除と解体に奮闘してました。 散弾銃は一昨年末から所持していたものの 駆除班に加入させていただけるよう 銃の腕も磨かなければと思っている次第です。 今猟期からしっかり実用しております。 この猟期は イノシシが多い。 ベテラン猟師さん方が仰るには 昨年の梅雨が短かった

    • 【古民家改修】4.5畳間が出来るまで 動画投稿しました!

    • とんど 初参戦

      三原市に移住して3年目となりますが、初めてとんどという行事に参加しました。 とんどとは 1月15日前後に行われる年神様を見送る火祭りです。 お正月のしめ縄や書き初め等を畑などに持ち寄って燃やし(お焚き上げ)無病息災や家内安全を祈願する行事です。