三原市公式note

瀬戸内に面したまち「広島県三原市」の公式noteです。三原の「ヒト」や「モノ」「コト」…

三原市公式note

瀬戸内に面したまち「広島県三原市」の公式noteです。三原の「ヒト」や「モノ」「コト」の魅力が伝わるような情報を発信していきます。

マガジン

  • 三原市地域おこし協力隊

    三原で活動する地域おこし協力隊員の記事を紹介します。

  • 三原の盛り人

    地域を盛り上げている人や、祭りなどの伝統行事を守り続けている人たちの思いをママライター改め「まちびとライター」が取材しお伝えします。

  • 未来へつなぐ大切な祭

    コロナ禍で祭りの中止が相次ぎますが、祭りに込められた意義や思いは途切れることなく受け継いでいきたい! 市民ママライター2人が、市内の祭り関係者を直撃取材していきます。

  • みはらびと。

    「みはらびと。」とは、三原で生まれ育った人、一度は三原を離れたけれど再び戻ってきた人、縁あって三原に移り住んだ人、三原への熱い想いをもつ「まちのつくり手」です。 さまざまな分野で活躍する「みはらびと。」を、 「#ものづくり」「#食づくり」「#まちづくり」「#幸せづくり」 の4つのテーマに沿ってご紹介します。 ※ハッシュタグからカテゴリ別に記事をみることができます。

  • 満喫台湾×みはら

    台湾出身三原在住のイーファンさんから見た「広島県三原市」を紹介します。

ウィジェット

リンク

最近の記事

  • 固定された記事

note版【みはらびと。】始まります

WHAT? MIHARA-BITO「みはらびと。」とは、 三原で生まれ育った人、一度は三原を離れたけれど再び戻ってきた人、 縁あって三原に移り住んだ人、 三原への熱い想いをもつ「まちのつくり手」です。 『みはらびと。』では、さまざまな分野で活躍する「みはらびと。」を、 「ものづくり」「食づくり」「まちづくり」「幸せづくり」の4つのテーマに沿ってご紹介します。 “みはら”に住む人の想い、 “みはら”のまちへの想い、 “みはら”でつくるこだわりのモノや食への想い、 “み

  • キャンプイベント開催!

    三原市の地域おこし協力隊として 活動し始めて約3ヶ月 活動拠点の宇根山家族旅行村で はじめてのイベントを 5月18日.19日の2日間にわたり 地元のキャンプ愛好家 ミハラタキビクラブさんと共同で 開催いたしました! テント約80張り 宿泊者約140名 日帰りの方を合わせると のべ300名以上の方々に ご参加いただきました 宇根山の魅力を発信するという ミッションを まずはひとつ行うことが できたのではないかと思います これを機に、少しでも 利用者が増えると嬉しい限りで

  • 解体祭と旅立ち

    先週のよく晴れた日に、鷺島で行われている、Red dot schoolの授業の一環である、解体際のお手伝いに行ってきた。 このノートでも度々記事にしているが、いよいよちゃんと人が住んでいた物件の空き家の解体が始まり、ここからだなと感じている。 ちなみに、空き家の解体で最も過酷な解体が、私の中で2つある。 一つは、汲み取りトイレの解体。虫の死骸が大量に出てくるので、精神的なダメージが大きい。 そして、もう一つが、今回手伝いに行った際に行った、天井の解体だ。 天井の解体は塵の量が

  • 下がる売上と高ぶる気持ち

    飲食店というものは本当に厳しいもので、確か2年で半分とかが廃業するとか、5年続くのは10%もないとか、いろんなデータが上がっているが、例に漏れず私のたこ焼き屋の売り上げも、オープン当初に比べ、半分以下にまで売上が落ち込んでしまっている。 これが飲食店か、やっぱり難しい。 協力隊期間中で良かった。これで卒業後に生計立てようとしてたなら、すぐにインディードを開いていたであろう。 …なんてね。 待ってました、この状況。 飲食店が厳しいことなんて百も承知、ここからだ。 ここからマー

マガジン

  • 三原市地域おこし協力隊
    580本
  • 三原の盛り人
    12本
  • 未来へつなぐ大切な祭
    13本
  • みはらびと。
    55本
  • 満喫台湾×みはら
    3本

記事

  • 半分床のない日常

    どうも、家の半分床がない四方です。 床の解体している時に、初めて生きてる状態のシロアリくんに遭遇しました。 恐らく集合体恐怖症の人は失神するレベルで気持ち悪かったですが、シロアリはアリという名前がついてるくせに、ゴギブリが祖先だからこんなにも気持ち悪いのかと感じながら、まずは業務用掃除機で9割くらい吸い込んで、その他は殺虫スプレーで全滅させた次第です。ただ、女王アリが死なない限り、1日400匹?産まれるらしい。頼む。全滅しててくれ… そんな日常を送りつつ、優先順位の高かった

  • 世間はGWという休みだったらしい

    という表題の割にきちんと休んだ私は、三原市で空き家再生を通じた移住定住促進をするという大義名分を掲げただけで、実はただ大好きなものづくりを生業にしようとしているだけの四方と申します。 このnoteの入りは、三原市の佐木島で同じく協力隊の活動をしている方のnoteの入りをオマージュしたものですが、なんだかこんなことを書いていると、まるで私がnoteを通じて同じ協力隊と交換日記をしているようで、少しむず痒いような、言い方を変えるとちょっとキモいなと思いながら書いている所存でござ

    世間はGWという休みだったらしい

  • 再生

    高坂の郷のどか『郷の市』

    4月7日に高坂のどかで開催された『郷の市』の動画が完成しました! 今回は、動画クリエーターのかわなんさんにお願いして作成していただきました。 素晴らしい動画に仕上げていただき、心から感謝しています。 次回の11月3日の開催の宣伝にも使用させていただく予定です。 『郷の市』を振り返ると、前回よりも3倍近くの来場者がありましたが、チラシの配布率やインスタグラムの反応から大体予測通りかなと思う集客でした。 個人的にはもう少し伸ばしたかったというのが本音です。 しかし、飲食関係は完売が続き、売れ残りがなかったことは一番の良かった点だと思っています。 今回アンケートを提案させていただき初めて実施しましたが、今後の方向性や反省点がいろいろ見えてきました。これを分析し、なるべく難しくならないように考え地域の方々と取り組んでいく方策を検討していきたいと思います。 すでに頭は次の開催のことを考えているため、発表の場でもこういったことを中心に話してしまうと、たくさんの人が楽しんでくれたことを喜んでいないように見られてしまうことがありますが、これは職業病ですね。

  • 30才になりました。

    皆さん元気? 私はいつも同じ元気です 5月17日30才になりました。 おじさんになりました 笑笑 時間は信じられない早い (自分で言うけど) 30歳までよく頑張ったと思う 高校生の時に、人生のことをいろいろ考えてて 私は自分にチャレンジを決めてた 18歳になったときに 「30歳まで、自分の家族、自分の家、自分の店 を絶対設定します」と決めてた 日本でやりましたけど、 そういう予定ではありませんでした 人生って面白いなー もちろん 私のNote, Instagram,

  • 草刈りの時期が来ました

    皆さんおはようございます。 Bien le bonjour gente dame et beau damelot. Comment ça va ? La saison du débroussaillage a commencé miladiou 皆さんお元気ですか? 春になりましたねー 草刈りだらけの時期ですね 草は夏の方がすごいですけれども、 春から始まります。 三原市大和町の大和こども園の草刈りをしました。 クラス活動でした。 私の奥さんのクラス活動でしたけど、

  • Pré Open et Repiquage

    Et bonjour! Comment allez-vous ? Moi? Ça va très bien. ボンジュール /こんにちは 皆さんお元気ですか? ビストロのプレオープンが無事に終了しました 連日たくさんのお客様にお越しいただきまして とても嬉しく思います。 素敵なGWの思い出となりました 今からもっと頑張りたいと思います。 時間ありましたら、このブログ見てください 7月からまた新たなメニューを 加えてグランドオープン致します これからもBistro

  • マネるとは学ぶこと

     調子に乗って自己啓発のようなお題を考えたはいいが、いよいよネタが尽きたのかあるいはマダニに沢山嚙まれて思考が覚束なく最近何するにしても気だるい私は三原市の地域おこし協力隊として佐木島で柑橘栽培を行っている柴田將志と申します。  本日は電気柵の設置を行っておりました。どう設置するものか分からず見様見真似で斜面上部の荒れ地を草刈り機で整備し適当な間隔で支柱を打ち、線をはわすことと致しました。傾斜の下に設置すれば猪が柵を飛び越えるそうで、それを危惧した為です。猪も必死なのだと理

  • そこに愛はあるんか?

     地域おこし協力隊として佐木島に着任してから5カ月近くが経過し佐木島でも私の存在が徐々に地元民に知られるようになり、話しかけられるや否や行事の手伝いがあるから来ないかとお誘いを受ける頻度が増し、それをことごとく断る私は佐木島で柑橘栽培を行っている柴田將志と申します。断る理由としましては単純にキリがないのもそうですが、内容として共感できないものが大半だからです。たちが悪い場合どこで私の電話番号を知ったか初対面にも関わらず電話を取れば「私達の行事に協力してくれないか」等の連絡が

  • 同じ轍を踏まない、そして私はすべらない!

     作業開始前はKY活動(危険予知)を行い、周囲を確認する際は必ず「Time is money 良し!時は金なり 良し!」で指差し呼称を行い安全意識を常に高め作業に当たる私は地域おこし協力隊として三原市にある佐木島で柑橘栽培を行っている柴田將志と申します。  先日の強風により、檸檬圃場の防草シートが全て剥がれ手直しを行っておりました。かれこれ2回目の手直しになります。1度目は防草シートを止めるU字ピンを増やし1メートル間隔で固定をすることとしましたが、それでも強風によって剥が

  • 限られた資源で

     どこか耕作放棄地を紹介して頂けないかと借りている圃場の園主様に相談し紹介して頂いた、かつての圃場が今では雑木林となってしまい開拓を断念することにした私は地域おこし協力隊として三原市にある佐木島で柑橘栽培を行っている柴田將志と申します。面積は約3反程なのですが、そびえ立つ木の大きさや切った雑木の後処理のことを考えますと1個人ではどうにもならず諦めることとし、それよりも回復が見込めそうな園地や耕作放棄地に絞り改植していこうと方針転換致しました。最近ですと枯れた興津ミカンの樹木の

  • 48000人のFacebookグループに登壇

    前回の記事でFacebookグループにセミナー講師のような形で登壇させてもらった話を書いたが、その時の画像がこれだ。約40名弱の方に見ていただいた。空き家問題に課題を持っている方はやはり多いが、まだまだ顕在化していない部分が多いのだろう。こんなものではないはずだと思った。 とにかく私は地道に自分の影響の範囲内で活動をしていくしかない。 先週から少しづつ、自分の拠点整備を始めている。 しかし、問題は山積みだ。 井戸水が出ない… 10年以上使っていなかったせいか、井戸水が出た

  • 新たな命

    先週四方家に長男が誕生した。 私に似てとてもせっかちで、早く外に出たいと、妊娠23週で破水したものの、妻に似て我慢強く、なんだかんだ32週までお腹の中に留まってくれて、2人の子らしい誕生となった。 みんな私に似てるというがそれは私が逆に猿顔なだけな気がしていて、むしろ私は妻に似ていると思っている。 少し小さめで生まれてきたので、1ヶ月ほど入院しているが、とても楽しみだ。 さて、私は新たな挑戦としてシャジムや中村さんとともに棲眞寺にて五右衛門風呂を使った温泉宿を作れないかと